行くあても無く逃げる場所も無くて

だがそれよりも重要な事は、自分の横に寝ていた人が目を覚まさなかった事だ。その男は極度の疲労と心労が重なって、生に対しての執着心が無くなった のだろう。そう判断した時、私の側に居た男性が目を覚まさない人を見て言った言葉が引き金になった。

「熱病かもしれない」

 その一言で船内のざわめきがパニック状態に変わった。直ぐに船長がフロアに呼ばれた。 「何時になったら俺は陸に戻る事が出来るんだ」

 その声を後押しする野次が次々と飛びかう。

「俺もこの男のように死んでしまうのか」

「本当に救助が来るのか。その前に熱病で死ぬんじゃないのか」

「俺が助かる証拠を出せ。俺に見せろ」

「お前みたいな責任感が無い男は鮫に食われてしまえ」

 最後に声を荒げたのは、この船に乗った時から気になっていた男だ。常にタバコを口にくわえてふかし、女を意地汚く、舐めるように見詰める。誰がこ んな男に近づくだろうか。この船はお見合いパーティーであって、女の品定めをするところではない。

「さぁ、どうする気だ。えっ、船長。俺達をさぁ」

その男が船長に詰め寄っていく。船長は男の不気味さに押され、後退りをする。他の船員達は横にすり抜けるように逃げていく。船員に、日本人の言っている意 味は分からない。が、男の雰囲気で危険を察知していたのだろう。

>>>そしてその男の顔が

 石川県金沢市>結婚プロデュース【サッカー好き必見】味の素スタジアムで挙式結婚式ができるウエディングプラン登場! ウエディングプロデュースLADIRB(ラディーブ)は独自のプロデュースノウハウ・企画力を生かし、Jリーグチームのホームスタジアム"味の素スタジアム"。結婚式プロデュースならLADIRB(ラディーブ)ウエディングプロデュース…結婚式、ウェディング

603025.jpg